困った話 業界最前線情報

無責任なテレビの影響力

Share on LinkedIn
Pocket

1206_1

消費者の気を引きたい一心のお得情報番組で、「薬の情報を断れば安くなる」というようなことが流れたことがありました。薬剤師のみなさんなら既にご周知かと思いますが、一部正しく、また一部では正しくありません。

【薬剤服用歴管理指導料(30点)】と【薬剤情報提供料(15点)】ですね。

ですが消費者の方はそんなことまでは理解されずに、やみくもに「テレビでそう言っていたから」と要求してこられる場合があります。違いを説明しても理解頂けないことがありますし、そもそも報道自体に誤りがある場合があります。これは現場で対応する薬剤師にとってはただの業務の妨げでしかありません。

そもそも調剤薬局の薬剤師を「記載されたお薬を渡すだけの人」だと思われているがおられるから、このようなやり取りになってしまうんでしょうね。薬剤師はお薬を正しく処方するための最終チェックの砦なんですけどね。

テレビで情報を流すのであれば、理解度の低い方たちにも正しく情報が伝わるようにして欲しいものです。

Share on LinkedIn
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Powered by: Wordpress